もうムダ毛に悩まない!脱毛ガイド

うなじはオススメの脱毛部位

 

多くの女性が意外に悩んでいるのが、うなじ・襟足のムダ毛です。

 

うなじのムダ毛は、和装やドレスなど、髪をアップにしたときに目立ちます。うなじは、案外、人の目にもつきやすい部位。しっかり綺麗にしておきたいですね。

 

しかし、うなじは、自分では見えにくく、手が届きにくいです。髪の毛との境目などはわかりにくく、中途半端に自分で処理しようとすると、失敗しかねません。そのため、処理しかねている人も多いのではないでしょうか。

 

美容室で着物用に髪をセットしてもらったときや、髪をショートにしたときに、シェーバーやバリカンなどで剃られたことがある人も多いと思います。

 

うなじや襟足をきれいに整えるには、左右対称の形にする必要があります。見えず手が届かずのうなじでは、頑張って自己処理しても、不自然になりがちです。カミソリなどで失敗して、肌を切ってしまうことも。

 

除毛クリームを使うと切る心配はありませんが、同様に不自然な形になる可能性があります。また、うなじは皮膚が薄い部分です。毛を溶かして処理する除毛クリームでは、赤くなったり、かぶれたりなどの肌トラブルが起きることもあります。肌トラブルを起こした肌が紫外線に当たると、一層悪化する可能性があり、さらに危険です。

 

そこで、オススメなのが、うなじ脱毛です。脱毛すれば、そんな悩みは、解消されることがほとんどです。

 

うなじ脱毛の範囲

 

うなじの範囲は、一般的には首の後ろ~付け根までです。

 

サロンによって、「髪の生え際まではできない」というところや「ギリギリまでOK」なところもあります。耳の下や後ろは、うなじに含めないサロンもあります。

 

また、「脱毛の対象は産毛であり、後れ毛には施術できない」とのサロンもあります。これは、光脱毛の光が反応しすぎるからです。後れ毛は、産毛に比べて太く、火傷の危険性が高いです。後れ毛を脱毛したい人は、要チェックです。

 

なお、うなじの自己処理をしている場合、ある程度生えそろってから脱毛を始めましょう。うなじの自己処理をし過ぎている場合、もともとの形が分からないほど変な形になっていることがあります。そのような状態で脱毛を始めるのは危険です。

 

脱毛を始めるときは、希望の形の写真などを持って行くのがオススメ。口だけで具体的に説明するのは、難しいです。写真を見せれば、正確に希望を伝えることができます。

 

うなじ脱毛のメリット

 

・見栄えが良くなる

 

うなじ脱毛の一番のメリットは、うなじ・襟足のムダ毛がスッキリすることです。脱毛したうなじなら、浴衣や着物、ドレスで髪をアップにするとき、ショートカットにするとき、キレイな首筋が人目を引くでしょう。ムダ毛がない首筋は清潔感もあります。男性も、意外に女性の首筋をチェックしています。

 

逆に、産毛でモサモサしている首筋は、だれしない印象に。せっかくのヘアスタイルでも、ムダ毛がマイナスになります。

 

・首が細く見える

 

キレイなうなじといえば、「舞妓さん」。自分で舞妓さんのようなキレイなうなじにしようと思っても、難しいですよね。脱毛サロンで脱毛すれば、不自然なうなじになることはありません。生え際まで自然な、好みのデザインのうなじに仕上げてもらうことができます。

 

うなじの形は、いくつかあります。その中でも、Wの形のうなじであれば、スッキリした印象になります。目の錯覚が起こり、首筋が長く見えます。

 

・自己処理でケガをすることがなくなる

 

脱毛してうなじを整えてしまえば、自己処理の必要もなくなります。カミソリなどで肌を切ってしまったり、ムリに自己処理をして形を崩してしまうこともなくなります。

 

うなじは、自分で安全に自己処理するのは難しいです。うなじは、目の届かない部分です。脱毛をすれば、肌にキズを負うこともなく、自然でキレイなうなじにすることができます。

 

うなじ脱毛のデメリット

 

・痛い

 

うなじ脱毛のデメリットは、「痛み」です。うなじは皮膚が薄く、とてもデリケートな部分。痛みを感じやすい部分といわれています。

 

ただし、痛みの感じ方は人それぞれ。毛の太さや色も、個人差が大きいです。痛いといっても、うなじの毛は、ワキやアンダーへアのように剛毛ではありません。我慢できる範囲の痛みです。

 

・効果を感じにくい

 

産毛は、細く、色が薄いです。そのような毛は、光脱毛の光が反応しにくく、すぐに効果がでません。光脱毛は、毛のメラニン色素に反応する性質があるからです。

 

うなじ脱毛の注意点

 

・アフターケアをしっかりする

 

脱毛した肌には、保湿クリームをしっかり塗ってケアしましょう。脱毛を受けた肌は、非常に乾燥しやすく、肌のバリアが弱くなっています。バリアが弱い肌では、トラブルを起こしやすいです。アフターケアが大切です。

 

・日焼けをしない

 

脱毛に通っている間は、日焼けをしてはいけません。日焼けをした肌では、脱毛によるダメージに弱く、肌荒れなどのトラブルを起こしやすいです。

 

また、脱毛の光やレーザーは、毛の黒い色に反応する性質があります。日焼けをした肌では、十分な効果が得られにくいです。日焼けをして肌が黒くなっている状態では、施術を受けられない可能性もあります。

 

顔の日焼け対策はしても、うなじは首の後ろで忘れやすいです。油断して日焼けしないように、日焼け止めを塗ったり、つばの広い帽子を被ったり、ストールを首に巻くなどして、忘れずに日焼け対策をしましょう。

 

うなじ脱毛の回数

 

うなじ脱毛も、他の部位と同様に2~3ヶ月に一回の頻度で脱毛を受けます。脱毛の回数の目安は、脱毛サロンだと10~18回、医療機関だと4~6回です。料金は、例えば、サロンの場合、6回分で13,000~21,000円ほどと考えておけば良いでしょう。

 

脱毛には時間がかかるもの。ブライダルなどの予定があるなら、その日を基準に脱毛完了までに必要な期間を計算して、なるべく早く脱毛をスタートするようにしましょう。

 

短期間で脱毛したいなら、医療機関でのレーザー脱毛がオススメ。レーザー脱毛の方が、光脱毛より威力が強く、早く効果が出ます。その分、通う回数も少なくて済みます。

 

脱毛にかかる期間は、医療機関の脱毛なら1年半~2年ほど。サロンだと、2~3年はかかることが多いです。

 

ただし、これは、完全に脱毛した場合にかかる期間の目安。どの程度まで脱毛するのかによって、かかる期間は変わってきます。お手入れが楽になる程度を目指すのか、産毛も含めてツルツルの状態まで脱毛したいのかによって、大きく異なります。

 

キレイで魅力的なうなじにするには、脱毛で処理することをオススメします。