もうムダ毛に悩まない!脱毛ガイド

効果の高い脱毛をしたいなら、医療機関での脱毛がオススメ

 

せっかく始める脱毛。「効果の高い脱毛を信頼できるところで受けたい」と思うなら、医療系の脱毛がおすすめです。

 

脱毛サロンは安いけど、時間がかかります。医療系は、少し高いけど、少ない回数で脱毛することができます。なにより病院でできるという点で安心です。

 

脱毛サロンとの違い

 

脱毛サロンは光脱毛、医療系の脱毛はレーザー脱毛で脱毛を行います。

 

光脱毛では、I.P.L.脱毛機、S.S.C.脱毛機などの機械を使用。安くて少ない痛みで脱毛できるのが特徴です。1回あたりの脱毛効果は、病院の脱毛より劣ります。

 

医療系は医療用のレーザーを使って脱毛します。レーザーには、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーなどがあり、レーザー脱毛ができるのは医療従事者だけです。

 

レーザー脱毛の場合、威力が強い分、脱毛サロンに比べて痛みが強いのがネック。痛みに耐えきれず、脱毛サロンに変える人もいるほどです^^;しかし、医療機関によっては、麻酔を使用することも可能です。これは、医療機関ならではの対応ですね。とはいえ、麻酔を使わなければ耐えられない痛みって、どんだけなんだ…

 

・アレキサンドライトレーザー

 

1回の照射で20~30本の毛を処理できる。効果があるのは、太く濃い毛。産毛には効果がない。日本人の肌に比較的合った波長の機械であり、やけどしにくい。

 

・ダイオードレーザー

 

照射口が四角いのが特徴。打ち漏れや重ね打ちが少ない。ダイオードレーザーも、日本人の肌との相性は良い。産毛にも効果がある。

 

・ヤグレーザー

 

他の機械では処理しきれなかった産毛や色素沈着のある部位でも使用できる。他の機械で脱毛した後の仕上げ的な位置づけのマシン。

 

レーザー脱毛の仕組みと効果

 

レーザー脱毛は、毛のメラニンにレーザーを当てて、熱の力で毛乳頭や母細胞を破壊します。効果があった毛は、1~2週間後にスルッと毛穴から抜け落ちます。

 

レーザー脱毛の効果は、脱毛サロンより高く、「永久脱毛」です。お金がかかっても確実に脱毛したい人には、レーザー脱毛がおすすめです。

 

ただ、レーザー脱毛も脱毛サロンの光脱毛も、脱毛の仕組み上、産毛や細い毛は脱毛しにくいです。そのため、回数がかかる可能性があります。

 

また、白髪では脱毛できない場合があります。病院や脱毛サロンによっては、白髪にも効果がある機器を使っているところもありますが、できれば、白髪になる前に脱毛をスタートしたほうが良さそうです。

 

日焼けをしている肌ではやけどするリスクが高いため、脱毛できないことがあります。脱毛を始めるなら、その期間中は日焼けは厳禁。外出するときは、必ず日焼け止めを塗りましょう。

 

無料カウンセリングなどで、説明をしっかり聞いて、納得してから利用を決めることが大切ですね。

 

なお、レーザー脱毛にかかる回数は、脱毛を行う部位や範囲によりますが、だいたい5~6回がキレイになる目安です。1.5~3ヶ月に1回の間隔で通います。ただ、最後の1回だけ、3~4ヶ月ほど空けて脱毛すれば、タイミングが少しズレて出てきた毛も含めて仕上げることができます。

 

レーザー脱毛の安心の理由

 

レーザー脱毛なら、医療機関が行っているので、何かトラブルがあっても安心です。お医者さんに診察してもらうことができ、さらに薬も出してもらえます。

 

また、レーザー脱毛は、もともと、シミの治療に使われていました。そのため、ムダ毛と一緒にシミやそばかすも取り除くことが可能です。美肌効果が得られるところも、レーザー脱毛のメリットです。

 

しかし、レーザー脱毛は高い

 

レーザー脱毛は、「1回あたりの料金が高い」のがデメリットです。

 

レーザー脱毛では、1部位の照射1回あたり1~2万円ほどかかります。一方、脱毛サロンなら、数千円で脱毛できます。

 

脱毛したい部位が広範囲なら、レーザー脱毛の料金も高額に。レーザー脱毛は、早く確実に脱毛できる方法ですが、お金がかかるところが難点です。

 

これらが、脱毛サロンが受けることができる脱毛です。「痛いのが苦手」「肌が弱い」という人は、とりあえず、S.S.C.脱毛の光脱毛を受けてみて、様子をみてみることをおすすめします。