もうムダ毛に悩まない!脱毛ガイド

ニードル脱毛の仕組みと特徴

 

ニードル脱毛の仕組み

 

「ムダ毛を確実になくすには、ニードル脱毛が良い」と聞いたことがある人もいると思います。そもそも、ニードル脱毛とは、どのようなものなのでしょうか?

 

ニードル脱毛は、「針脱毛」や「電気脱毛」ともいいます。

 

ニードル脱毛は、特定の脱毛サロンや医療機関で採用されています。1つ1つの毛穴に針みたいなものを差し込んで電流を流すことによって脱毛を行います。

 

ニードル脱毛のメリット・デメリット

 

ニードル脱毛は、細い毛や色の薄い毛、柔らかい毛(産毛)など、レーザー脱毛や光脱毛では反応しない細かな毛まで処理できます。ニードル脱毛は、1つ1つの毛穴の毛乳頭に働きかけるからです。

 

また、ニードル脱毛は、日焼けをしている箇所にも施術できます。レーザー脱毛や光脱毛はそれらの箇所は施術できないことがあります。

 

しかし、ニードル脱毛は、「痛い」「価格が高い」ということで、今は人気がありません。

 

ニードル脱毛は、サロンの他、医療機関で受けることができます。施術料金は、だいたい一時間につき1万円〜2万円ほどかかります。確実に毛乳頭を破壊していくにあたり、ニードル脱毛は、永久脱毛としての効果が他の脱毛より高く、脱毛に何度も通う必要がないことが大きなメリットです。しかし、毛穴に針を刺し、電流を流す際、ある程度の痛みを伴います。

 

また、ニードル脱毛は、脱毛の前に毛を剃ってはダメです。およそ3ミリ以上に毛を伸ばす必要があります。

 


ニードル脱毛のメリット

  • 光脱毛やレーザー脱毛で処理できない細い毛や産毛も脱毛できる
  • 日焼けした箇所も脱毛できる
  • 脱毛の効果として、永久性が高い。何度も脱毛に通わなくていい

 

ニードル脱毛のデメリット

  • 毛を3ミリ以上伸ばしておかねばならない
  • 施術後、赤くなりやすい
  • 人によっては、我慢できないほど痛みを感じることがある
  • 脱毛士のスキルによって、施術後の経過が影響を受ける

 

ちなみに、ニードル脱毛の痛みはどれくらいかということですが、
  • 冷や汗が出る
  • 毛抜きで抜くより痛い
  • 奥歯をかみしめる

これくらいの痛みを感じることがあります。「我慢できず、途中でやめた」との話を聞くほど。医療機関なら、麻酔もできます。我慢しないで相談してみましょう。。

 

医療機関なら、医師に施術により起きた肌トラブルやアフターケア相談できます。痛みが不安な人は、痛みを緩和する麻酔をしてくれる医療機関を選ぶのがオススメです。

 

脱毛サロンの場合は、麻酔は使えません。医療機関でないためです。代用として、冷やして感覚を鈍らせてから施術を行うところもあります。痛みの様子を見ながら、休憩を入れながら施術を進めてくれるサロンもあります。

 

脱毛サロンでニードル脱毛が受けられるのは、TBCが有名です。

 

ニードル脱毛の活用法

 

レーザー脱毛や光脱毛を受けた後に、残った産毛などをニードル脱毛する人もいます。そうすれば、痛みやお金の負担もそこまでになりません。。光脱毛やレーザー脱毛でも、毛がなくならないわけではありません。毛を1本1本処理するニードル脱毛は、時間もお金もかかります。痛みも強いです。なので、まずはニードル脱毛以外の方法を検討してみるのはいかがでしょうか?レーザー脱毛や光脱毛で毛を減らしてから、ニードル脱毛を受けて、負担を減らす方法もあります。

 

なお、ニードル脱毛は、施術の技術を身につけるのに、それ相応の期間と経験が必要になります。ニードル脱毛は、とても難しい施術方法です。そのため、家庭用のニードル脱毛の機械は、残念ながら販売されていません。下手な人が施術を行うと、炎症などのトラブルが起きる可能性もあります。

 

ニードル脱毛をするのなら、安心して施術を受けられるところに通いたいですね。