もうムダ毛に悩まない!脱毛ガイド

脱毛と毛周期の関係

 

毛周期って何?

 

毛周期(もうしゅうき)というのは、毛が生え変わるサイクルのことです。毛が生まれ、成長した後に抜け落ちるまでの期間をいいます。毛周期は、3段階。成長期・退行期・休止期のサイクルを繰り返しています。

 

①成長期

 

成長期は、脱毛に最も適した時期です。

 

毛母細胞にタンパク質などの栄養素と酸素が毛細血管から運ばれると、細胞の分裂が始まります。体毛は、細胞分裂の繰り返しの結果、生まれます。

 

毛は、成長すると、毛穴から飛び出すくらいまで伸びます。この段階で、毛は私たちの目に見えるようになります。

 

②退行期

 

細胞の分裂が落ち着くと、毛は抜け落ちる準備を始めます。

 

③休止期

 

細胞分裂が完全に止まり、毛は毛母細胞から完全に離れ、上へと押し上げられます。そして、最終的に抜け落ちます。抜け落ちた後、毛乳頭は皮膚の中で休みます。休みつつも、次の毛の誕生に向けて、準備を始めます。

 

見えている3倍の毛が存在する

 

毛は、いつも同じものが生えているわけではありません。毛周期のサイクルで、違う毛が違う毛穴から入れ替わりで生えています。

 

いつも同じところに生えているように感じる毛も、実は、微妙に入れ替わっているのです。毛穴の中には、まだ外に出ていない、いわゆる毛の赤ちゃんがたくさん生えています。毛周期でいうところの成長初期の毛です。目に見える毛は、全体の3分の1に過ぎません。体には、生えている毛の3倍の毛が存在しています。

 

想像したくないですが、見ているよりたくさんの毛が肌に眠っていることになります^^;

 

毛周期は部位ごとに違うもの

 

毛周期は、人や毛が生える部位ごとに異なります。

 

生え替わりが早い人は、その分早く脱毛が終わります。生え替わりが遅い人は、脱毛に時間がかかります。そのため、脱毛するときは、コース期間が長いサロン、クリニックを選びましょう。毛が生え変わらないうちに脱毛を受けても、あまり効果は見込めませんからね。

 

ちなみに、部位別の毛周期をみてみると…

  
部位 1日に伸びるペース 抜けてから生えるまで
髪の毛 0.3~0.4mm 4ヶ月
眉毛とまつ毛 0.18mm 2ヶ月
わき毛 0.3mm 4ヶ月
腕と脚 0.2~0.4mm 3~5ヶ月
ビキニライン 0.2mm 4ヶ月

 

このように、部位によって、かなりの差があります。

 

脱毛は、どのタイミングですべき?

 

では、脱毛は、毛周期のうち、どのタイミングでするのがベストでしょうか?結論からいうと、成長期の毛にしか脱毛の効果はありません。

 

レーザー、光、ニードルのいずれの脱毛方法でも、毛が毛乳頭に密着している成長期にしか効果がありません。レーザーや光は、黒いものに集中する習性があります。毛が毛乳頭から離れた状態では毛母細胞に熱が届かず、脱毛の効果がありません。

 

ニードル脱毛は、毛根に針を刺して直接電流を流すことで、毛母細胞を破壊します。ニードル脱毛も、毛が毛乳頭から離れた状態では、効果がありません。

 

脱毛は、全ての毛について成長期のときに処理しなくてはならないため、数ヶ月ごとに繰り返し通うことになっています。1回脱毛を受けても、退行期や休止期にある毛には効果がありません。いくら早く脱毛したくても、毛周期に合ったタイミングで脱毛に通うことこそ、効率的な脱毛の進め方です。

 

「脱毛には時間がかかる」と理解した上でサロンやクリニックに通いましょうね!