もうムダ毛に悩まない!脱毛ガイド

脱毛の勧誘の断り方は?

 

脱毛サロンに行くと、勧誘される?

 

多くの人は、「脱毛サロンに行くと、勧誘される」とのイメージを持っています。

 

実際、しつこい勧誘をしてくるサロンはほとんとありません。しかし、「勧誘はしない」と公言しているサロンであっても、「勧誘を受けた」と感じる人はいます。

 

ほとんどのサロンは、営業の一貫として、コースの案内や紹介をしています。ただ、スタッフによっては押しが少し強いこともあります。気が弱い人だと、もともとの予算より高額なプランを契約してしまったり、希望している部位以外の脱毛も契約してしまったりすることがあるようです。

 

しかし、脱毛サロンの悪い口コミは、すぐに広まります。今はインターネットが発達しているからです。サロン側にとって、ネガティブな口コミがあると、営業に支障が出る恐れもあります。そのため、しつこい勧誘は行わないところが増えてきています。

 

注意が必要なのは、まだ新しいサロンや知名度が低いサロンです。サロンとしては、お客さんを増やして収入をアップさせたいのが本音。全てのサロンが100%そうとは言いきれませんが、勧誘を受けたときに断り切れない人は、利用は避けた方が無難かもしれません。

 

どんな流れで勧誘は受けるの?

 

どんなサロンでも、脱毛の説明の中に脱毛プランの紹介が組み込まれてます。よくある勧誘のパターンは、低価格のキャンペーンと一緒に別の契約を勧められることです。

 

よくある勧誘のパターン

  • 低価格のキャンペーンと一緒に、別の高額なプランを勧められる
  • 化粧品の購入やオプションの利用を勧められる
  • エステなど、脱毛以外の施術を勧められる など

 

脱毛サロンが低価格のキャンペーンを実施しているのは、それでお客さんを集めるためです。お客さんに、低価格のキャンペーンにプラスして別の契約もしてもらうのが目的です。低価格のキャンペーンだけ利用するお客さんばかりでは、採算がとれません。

 

お店を経営していくには、人件費、運営費、維持費など、莫大なお金がかかります。それを低価格のキャンペーンだけでまかなうことはできません。

 

キャンペーンは、お客さんにお店に来てもらうための投資です。やってきたお客さんに脱毛について説明し、体験をしてもらった上で、別の契約を合わせてしてもらう仕組みになっています。

 

ただ、しつこい勧誘は、刑罰を受けかねません。そのため、脱毛の紹介の範囲内で別のプランの説明を行うサロンがほとんどです。お客さんにサービス内容を説明するのは、ごく自然な流れです。

 

勧誘の断り方

 

しつこい勧誘をする脱毛サロンは、ほとんどありません。ただ、サービスの紹介の範囲内で、他のプランを紹介してくるサロンは多いです。

 

その場合、どう断れば良いでしょうか?

 

・お金のことは言わない

 

まず、「お金がないので契約できません」と断るのはやめましょう。これでは、「お金があれば、契約したい」と言っているのと同じこと。

 

脱毛サロンは、当然、ローンでの支払いの説明を始めるでしょう。サロン側としては、お客さんの希望を叶えるための手段を説明しているに過ぎません。ごく当たり前の対応です。

 

・キッパリ断ること

 

断るなら、「今日中に契約はしません」などキッパリ伝えると良いです。自分から理由を伝える必要はありません。

 

サロンから理由を聞かれたら、「他のサロンと比較して決めたい」などと言えば、まだ利用の可能性があることから、お互い良い印象のまま、カウンセリングを終えることができるでしょう。「パンフレットをください」など、言ってみても良いかもしれません。

 

ここで大切なのは、毅然とした態度です。迷っている様子を見せてはいけません。「今日限定のサービス価格です」と言われても、態度を崩してはいけません。

 

お客が何を言っても動じない、迷っていない様子なら、サロンも引いてくれるでしょう。

 

・断る仕組みを用意しておく

 

断るのが苦手な人は、あらかじめ、断る仕組みを用意しておくのがおすすめです。

 

まず、「家族に相談して決めます」「お金のことは、主人の許可が必要です」など、自分の判断だけでは決められないことを伝えましょう。それでも「とりあえず契約して、ダメだったら後でクーリンクオフしてはいかがでしょうか?」など、さらに断りにくくなるようであれば、一旦トイレに行きましょう。

 

そこで、スマホのアラームを設定しておいて、待ち合わせをしている友達からメールが届いたなどの一芝居を打っても良いでしょう。勧誘が強めの場合、実際に電話をかけてもらうのもおすすめです。

 

また、脱毛のお試し体験をしたのであれば、「肌に異常が出ないことを確認してから、考えます」と言って断っても良いでしょう。

 

無料カウンセリングを受けたからといって、必ず契約しなければならないわけではありません。納得できなかったり、良いと思えなかったりしたサロンで契約すべきではありません。しっかり説明を聞き、雰囲気などを確認して、「通いたい」と思えたサロンで契約しましょう。