もうムダ毛に悩まない!脱毛ガイド

光脱毛の仕組みと特徴

 

脱毛サロンで受けられるのは「光脱毛」です。ほぼ全身の脱毛を受けられます。

 

では、光脱毛は、どんな仕組みでしょうか。施術を行えない部位はどこでしょうか。それぞれについて、紹介していきます。

 

光脱毛の仕組みと特徴

 

脱毛サロンが行う光脱毛は、IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛とS.S.C.(スムース・スキン・コントロール)脱毛。それぞれ、違う種類の光を使っています。

 

I.P.L.脱毛

 

まず、I.P.L.脱毛。これは、「キセノンランプ」という光を使った脱毛方法です。毛根にある組織の中の毛の黒い色に反応する光を使います。毛根の組織に徐々にダメージを加えるという原理です。

 

IPL脱毛は、「光の黒色に反応する性質」を利用して、毛根の組織に熱を加えて行われます。この脱毛方法は、黒く日焼けした肌や、瞳の中の黒目部分にも反応する可能性があります。黒色に光が反応するからです。

 

したがって、日焼けした肌や目の周りについては、光を当てることができません。また、安全上の理由から、粘膜に光を当てることもできません。

 

I.P.L.脱毛は、S.S.C方式脱毛よりも脱毛の効果力が高いのがI.P.L方式の特徴です。一方、I.P.L.脱毛には、S.S.C脱毛と比較すると肌にかかる負担が大きいです。また、脱毛の後に肌が赤くなったり、痛みが強めであるといったデメリットがあります。

 

S.S.C.脱毛

 

次に、S.S.C.脱毛。S.S.C.脱毛は、特殊なジェルである「トレジャービーンズ」を肌に塗布し、「クリプトンライト」という光を当てる方法です。I.P.L脱毛のように、「キセノンランプ」は使いません。

 

トレジャービーンズには、ムダ毛を処理する効果や保湿効果があります。クリプトンライトで熱を加えると破裂。すると、「フィニリーブ」という植物成分が流れ出します。

 

①抑毛効果のある特殊なジェルを塗布

②クリプトンライトを照射ジェルの中のトレジャービーンズが破裂

③毛穴の奥に欲毛成分が浸透

 

S.S.C.脱毛は、肌に比較的やさしい脱毛方法です。保湿効果もあります。ムダ毛の処理と一緒に保湿できるのであれば、うれしいですね。

 

S.S.C.脱毛なら、顔などに生えている産毛などの脱毛にも適しているそうです。I.P.L.脱毛と同様に、S.S.C.脱毛も日焼けした肌や目の周り、粘膜部分に光を当てることはできません。

 

光脱毛の痛みと効果

 

光脱毛では、2~3カ月に1回ペースを目安に、毛周期に合わせて光を当てていきます。

 

高頻度に脱毛に通っても、そのときに休止期や退行期の毛もあります。成長期のムダ毛は、3分の1程度。ムダ毛が表面に出てくるタイミングに合わせて通う必要があります。

 

詳しくは、実際に脱毛サロンに行ってカウンセリングを受けたときに、スタッフに確認してみると良いでしょう。毛質などにより、通うペースは異なります。

 

光脱毛には、痛みがほとんどなく、肌に優しいというのが特徴です。レーザーのように発毛組織を破壊する方法ではありません。脱毛後、ある程度時間が経つとムダ毛がまた生えてきます。

 

光脱毛は、「ムダ毛がまた気になり始めたら、サロンで脱毛を受ける」というように、もともとのエステサロンの使い方と同じ感覚で、都度、ムダ毛の脱毛に通うスタイルの脱毛方法です。永久脱毛ではありません。

 

これらが、脱毛サロンが受けることができる脱毛です。「痛いのが苦手」「肌が弱い」という人は、とりあえず、S.S.C.脱毛の光脱毛を受けてみて、様子をみてみることをおすすめします。

 

光脱毛を受ける前に前処理が必要な理由

 

光脱毛を受けるには、注意点がいくつかあります。

 

一つ目は「光脱毛を受ける前には、ムダ毛は処理しておく」ということ。電気シェーバーで剃っておくことが大切です。

 

ムダ毛が毛穴の外に出ていると、ムダ毛の周りのお肌がやけどする可能性があります。光は、黒の色に反応します。したがって、光脱毛を受ける前には、あらかじめ、電気シェーバーでムダ毛を必ず処理を行っておきましょう。

 

二つ目は、「日焼けはダメ」ということ。黒く日焼けしていた肌に、光が反応する可能性があります。程度によっては、脱毛が受けられないことがあります。脱毛を受けると、ひどいやけどを負う可能性もあります。

 

日焼けしてしまった場合、スタッフに相談しましょう。程度によっては、脱毛できる場合があります。

 

レーザー脱毛との違い

 

では、光脱毛とレーザー脱毛は、どう違うのでしょうか。レーザー脱毛は、「永久脱毛」。医療行為です。医療機関のみで受けることができます。

 

光脱毛もレーザー脱毛も、「毛根組織を弱らせる」点では同じです。使用するのが「光」か「レーザー」かの違いです。

 

しかし、レーザー脱毛には、「毛根組織を破壊する」効果があります。光脱毛は、「毛根組織の機能を弱らせる」のみです。そのため、レーザー脱毛は「永久脱毛」、光脱毛は「とりあえずのムダ毛の処理」とういうように効果が分かれます。

 

光脱毛は、脱毛サロンが行う脱毛です。I.P.L.脱毛、S.S.C.脱毛の効果は抑毛・除毛です。永久脱毛の効果はありません。永久脱毛の効果があるのは、レーザー脱毛とニードル脱毛です。レーザー脱毛ができるのは、医療機関のみです。

 

第1 脱毛行為等に対する医師法の適用引用:厚生労働省の通達

 

以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反すること。

 

(1) 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

 

ただし、レーザー脱毛は、永久脱毛の効果がある分、強力です。光脱毛より痛みが強く、肌に負担がかかるというデメリットがあります。また、永久脱毛といっても、ムダ毛の再生の確率はゼロではありません。

 

そう考えると、永久脱毛より効果の劣る光脱毛は、将来的なムダ毛の再生率がさらに高いといえます。

 

光脱毛を受けるなら、「永久脱毛ではない」「抑毛・除毛の効果だけ」と割り切って受けましょう。「永久脱毛」と思って脱毛すると、後でムダ毛が生えてきて、ガッカリする結果に終わるかもしれません。ただ。光脱毛には、傷みが少なく、肌にやさしいメリットがあります。

 

光脱毛とレーザー脱毛は、別モノです。脱毛をしたいと思っている人は、それぞれの違いをきちんと理解しましょう。その上で、どちらかで脱毛することをおすすめします。肌が弱く、痛みの強いレーザー脱毛が不安な方は、とりあえず肌にやさしい光脱毛からトライしてみてはいかがでしょうか。