もうムダ毛に悩まない!脱毛ガイド

大豆イソフラボンの抑毛効果

 

女性ホルモンとムダ毛

 

体毛の濃さは、女性ホルモンと関係しています。

 

女性ホルモンは女性にとって大切なもの。バランスを崩すと、肌が荒れたり、ニキビができたり、生理痛が通常以上にひどくなります。

 

女性ホルモンが減って、男性ホルモンが増えると、毛が濃くなったり、量が増えたりすることもあります。…ということは、本来のホルモンのバランスに整えれば、ムダ毛を薄くできるかもしれません。

 

豆乳を飲むと、ムダ毛が薄くなる?

 

大豆には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれています。では、豆乳を飲めば、毛は薄くなるのでしょうか。

 

実際、「豆乳を飲んだら、ムダ毛が気にならなくなったよ!」という人は、見たことがありません。ネットの口コミを鵜呑みにするのもどうかと思います。

 

しかし、本当のところはどうなのでしょうか。

 

イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをします。エストロゲンは、女性らしさに重要なホルモンです。

 

エストロゲンの働き

  • 女性らしいふっくらとした体型にする
  • 美肌効果
  • 妊娠しやすい体にする
  • 気分を明るくする
  • ムダ毛を抑える

 

女性にとっては欠かせないエストロゲン。しかし、一生涯で体内で作ることができる量は、ティースプーン1杯分に過ぎません。

 

そこで、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを積極的に摂りたいところ。イソフラボンでエストロゲンの働きを補えば、ムダ毛を薄くする効果が期待できます。

 

イソフラボンは、豆腐や納豆、豆乳などを食べることで、気軽に摂取できます。口からではなく、肌に塗るタイプの抑毛ローションもあります。抑毛ローションも、イソフラボンを多く含みます。そのため、ムダ毛を抑える効果が見込めます。

 

ローションは、保湿ケアとして、お風呂上りに全身につけるのがオススメ。ムダ毛が生えるスピードを抑えるため、肌の乾燥とムダ毛に悩んでいる人は使ってみると良いでしょう。

 

しかし、イソフラボンを摂ったからといって、即効性はありません。また、毛の濃さは、かなり個人差があります。遺伝による影響が強いです。

 

イソフラボンで効果を得るためには、毎日続けることが大切です。大豆製品を意識的に摂ることで、女性らしい体になることもできるしょう。

 

大豆製品の注意点

 

いくらムダ毛に良いとはいえ、大豆はアレルギー物質のひとつ。体質に合わない場合は、ムリに摂ると良くありません。

 

また、妊娠中・授乳中の人、15歳以下の子供、癌の既往がある人にはオススメできません。体にとって悪い影響を及ぼす可能性があります。妊娠中・授乳中の人、15歳以下の子供は、ホルモンバランスが通常と異なり、デリケートな状態になっています。イソフラボンを過剰に摂取すると、癌や腎結石のリスクがあります。

 

大豆イソフラボンの1日あたりの摂取量は、70~75mgが目安です。

 

上述のとおり、毎日続けて摂取することがポイントです。一度にまとめて摂取しても、すぐに効果はでません。

 

具体的には、豆乳125mlあたりに含まれる大豆イソフラボンの量は、32.0mgほどです。くれぐれも、過剰な摂取は控えましょう。